紙幣のリサイクル品が気になります

テレビを見ていたら、日本銀行についてTVされていました。
面白かったです。
日本銀行本店はレトロな洋風の最適家でひとまず見てみたいです。
門と正面入り口の間には中庭があり、昔は運行のコツが馬車だった結果、馬の水飲み用の栓がありました。
現在は地上10階建ての新館で職業が行われているそうです。
院内はやっぱワイドとして見えました。
とある部署にリポーターが入館するは、入ります!と会話を出して広場に入っていました。
それは方が広場を出入りするときの決まりだそうです。
広そうな広場に何人か働き手様が複数が作業していました。
私服にエプロンをしている方もいて、日本銀行という固い想像が少しか和らいだ印象がしました。
その部署では昔の紙幣や破れたり燃えてしまった紙幣などを取り扱っていました。
昔の紙幣は今でも使えるのらしいのですが、受け取ってくれないお店もあって、そんな紙幣が銀行に入れ替えに来るそうです。
周りレーベルとか初めて見ました。
周りレーベルは周辺ですそうですが、更に値打があるような気がします。
わたしだったら、周りレーベルはとっておくと思いました。
燃えたり破れたりした紙幣の面積を図っていました。
3分の2以来が残っていたら全部、5分の2以来3分の2以内が残っていたら半額になるそうです。
面白かったのは、紙幣がエコポットや封筒などになってリサイクルされていることです。
どこで並べるんだろう?いくらなんだろう?
と気になりました。
ほんのりほしいと思いました。http://www.bigassbeerfestival.com